センシュウのラブライブ!

アクセスカウンタ

zoom RSS エウレカセブンAO 01話『ボーン・スリッピー』 感想

<<   作成日時 : 2012/04/14 21:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

ハトが運ぶ未来。そこに感じる希望

『交響詩篇エウレカセブン』が大好きで、BDも持っている私。それ故に、冒頭のシーンから感慨深さを感じました(*´Д`)
まずそのシーンでは、無残な光景が広がる中に立つイビチャとブランの他に、多くのハトがいました。ポイントとなったのは、そのハトが飛び立つ姿を見つめイビチャが放った一言。
「そう。もはや待っている余裕はない。しかしそれでもなお、人は待ちたくなるのだよ。我々のもとに、希望の木の枝を携えた鳥が戻ってくることを」
これは『ポケットが虹でいっぱい』のラストシーンを想起させるものとなりました。その時は、枝をくわえたハトの姿をした空船がレントンとエウレカの方に向かってくるというもので、そこに明るい未来を感じさせてくれました。今回の場面では、もちろん鳥は枝をくわえてはいないですし、むしろイビチャらの方に尾を向けて飛び去っていっています。でもいつか、この鳥が枝をくわえて戻ってきてくれるのではないか。そういった今後への希望が感じられるものとなっており、実に感慨深かったです。
さて、物語はどのように展開していくか、今後が実に楽しみであります(`・ω・´)



ポケットが懐かしさでいっぱい(´・ω・`)

上記のシーンもそうですが、懐かしさを感じる場面が多々ありました。
まずはキャラクター。もちろんそのままの人物なんていませんが、ポジショニングが前作を思い出させるものとなっています。特に運び屋ガゼルはホランドを思い出させます。前作では運び屋的な仕事として、臓器を運んだなんてこともありましたし。懐かしいですよ。
あとはスカブ・コーラル。何が起きているのかわからないけれどすごく悲しい気分だとアオが感じたシーンがありましたが、それはスカブとの繋がりによるものなのかもしれませんね。
そして最後はラスト部。“つづく”という言葉と、予告の形式は同じなのでドキワクですわね。
次回はLFOならぬIFOなるものが出るとあって、これまた気になるところ。期待ですよ(`・ω・´)



とことで、今回はこんなところで失礼します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エウレカセブンAO 第1話「ボーン・スリッピー」
エウレカセブンAO 第1話の感想です。 放送内容には ほとんど言及していませんので、未視聴の方でも安心かも。 ...続きを見る
隠者のエピタフ
2012/04/14 21:10
◎エウレカセブンAO第一話ボーン・スリッピー
ブラン:待っているのか?青い髪の女の子が戻ってくるのを。イビチャ:待っている余裕はない。それでも待ちたくなるのだよ。 ナル:世界が変わる気がした。アオ:どうかわるんだよ... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2012/09/25 19:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
エウレカセブンAO 01話『ボーン・スリッピー』 感想 センシュウのラブライブ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる