センシュウのラブライブ!

アクセスカウンタ

zoom RSS エウレカセブンAO 12話『ステップ・イントゥ・ア・ワールド』 感想

<<   作成日時 : 2012/07/07 22:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アオは殺される前提(´・ω・`)

「殺さないでいてくれている。アオを」
ナルのこの発言にヒヤリとしました。
アオを殺さないことが前提であるのならば、殺さないでいることは当たり前のことなのでトゥルースは決して優しくはありません。しかし優しいと感じているということはつまり、アオを殺すことが前提だとナルは思っているわけですから、トゥルースがそういう存在であることを理解したうえでついていっていることはアオが殺されるのもやむを得ない…その覚悟をしているように思えるのです。それだけにこの些細なセリフは実に気持ちが悪かったです(´・ω・`)
ヒロインポジションかと思われた彼女に今後の希望はあるのか……今後さらに注目していきたいと思います。……ま、エウレカが相変わらず可愛かったので難しいでしょうが(´・ω・`)



とことで、今回はこんなところで失礼します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
エウレカセブンAO 12話『ステップ・イントゥ・ア・ワールド』 感想 センシュウのラブライブ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる