荒川アンダー ザ ブリッジ×2 06話『6 BRIDGE×2』 感想

144話『暗号解読』
ニノの安吾を解読するのは至難の業です。リクならば素晴らしい解釈をしてくれるのではと期待したのですが……。“踏ませろ”という解釈自体よりも、それがはずれて残念にしているリクに衝撃を受けましたw 深層心理って怖いですね。


145話『全てが突然に』
恋は唐突、きっかけも些細なことからであったりもします。島崎が恋した原因の真相は実に情けないものですが、それでもトキメキを見せたのは素敵だと思いました。というよりそう思おうとしましたw


146話『告白』
待たされれば待たされただけ恐怖心が膨らむ。こういうのはよくありますね。
短期集中のものでなくとも、たとえば課題が出てどれだけ時間があっても解けないようなものなのに、それを提出するまで間があるのは実に嫌なものです。インフルエンザ注射の法則とはちょっと違いますけどねw
嫌なことをさっさと終わらせたいという心理に基づく部分としては共通してますかね^^;


147話『決意』
ニノが実に男らしかったですね^^
先述したとおり、恋は唐突。リクが男らしいニノにもときめいてしまうのは無理もないでしょう。


148話『夢の金星生活』
宇宙人というのはどういうフォルムをしているのか。これは昔から気になることですね。
よく使われる宇宙人のフォルムとしては、グレイのような人型のヒューマノイド、人間の姿をしていないアニマリアンなどがあります。リクの想像の中では、ニノの両親は後者のアニマリアン。タコ型の宇宙人でしたね。
ちなみに、目撃談における金星人は、ヒューマノイドでやや鼻が大きめといったものが主説となっています。真相は……ニノを見ればわかりますかね^^;


149話『婚約?…そして』
「次はスペアのボンベも持って潜ってみるか。前は一時間分のエアーでも足りなかったからな」
ぽてちが言っていた言葉は衝撃的でした。金星は高温高圧な環境なので、もちろん人より並外れた特性を持っていなければ住むことはできません。それが証明されればニノが金星人であるという事実は信ぴょう性を増すと思っていたのでしたが……。とは言え、まだぽてちの話なので油断はできませんね。本当に真実が語られる日を楽しみにしたいと思います。



とことで、今回はこんなところで失礼します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック