アマガミSS 19話“桜井梨穂子編 第三章『ヒキツギ』” 感想

素敵な先輩に見送られ……

もすぐ卒業する先輩方。梨穂子としてみれば先輩たちを見送る立場になるのですが、創設祭の片付けが終わってからその先輩方に帰りを見送られるシーンが良かったです。
「頑張れ、梨穂っち」
水泳部の響先輩もそうですが、一見怖そうでもきちんと後輩のことを想っているというのが感じられとても素敵でしたね^^ このシーンに続き、創設祭実行委員長の絢辻さんを見ての言葉も同じです。
「梨穂っちのために爪の垢が欲しい」
「ついでにへそのごまももらっとくか」
これも後輩想いで泣けました;; そしてなんだか別の意味でも泣けましたw ともかく、素敵な先輩方でしたね^^



純一たちは初詣に行く。

今回は変態要素なしで終わるかと思いきや……インパクトが弱いとは言え、初詣に行く際に純一は変態に、梨穂子は食に抜かりがないのを見せつけるあたりはさすがと思いました。(あくまで純一と梨穂子がさすがであるだけですw)
それはそれとして、今回純一たちが行った初詣ですが、私は基本初詣には行きません。でもまったく行かないというわけではなく、一年の感謝を込めてラス詣に行きます。ラス詣とは何か、何故そう言うのかというと、それが一年の最後に行くもの、つまりラストに詣でるからです。初詣も一年の最後から最初にかけて行くことにもなるのですが、ラス詣は大晦日(或いはその数日前)の日中に行きます。もちろん他には人がほとんどおらず、その中で一年の感謝を(心の中で)してくるのです。
幸先悪いスタートという心配はなく、ドジッてもまた気分新たに次の一年を迎えることができるのでこれもまたいいですよ^^



とことで、今回はこんなところで失礼します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2017年07月28日 18:36
Thanks for finally writing about >A}K~SS 19bg___q _O_wqLcMxh@_z Z_V_E_u_CuI/EFu_u_O

この記事へのトラックバック

  • ◎アマガミSS第19話「ヒキツギ」

    Excerpt: 創設祭の後片付けをする。前に陥落した、ナナサキさんは先輩にオデンのレシピをたくされる。モリシマ先輩が来年もくるからねという。リホコは部室の掃除をしてた。ルリコについてお... Weblog: ぺろぺろキャンディー racked: 2011-04-02 22:27