侵略!イカ娘 07話 感想

『狙われなイカ?』

渚はとっても正義感が強いですね。
自分がイカ娘にとって危険人物であり、それでいて構ってくるということは狙われているということ。そこまでわかっていながら彼女はバイトを続けるんですよね。これが仮に正社員等であれば別ですが、あくまでバイト。海の家だって少し場所は離れるかもしれませんがあるはずです。それでも続けるのは、やはり皆を守ろうという正義感あってのことでしょう。最終的には怖くないふりをするのも限界がやってきてしまいますが、頑張って耐えていた渚はあっぱれです^^



『研究しなイカ?』

このエピソードでは、イカ娘がシンディーに連れられ研究所に行きました。普段のシンディーを見ているとだいぶ絡みたくない人物だと感じましたが、研究所に行くと印象が変わるものですね。他の研究員がより絡みたくないような人物なのでw



『働かなイカ?』

偽イカ娘再登場。普通に南風のおやじの娘さんとして登場したのですが、クレジットは偽イカ娘なんですねw
イカ娘ももちろん可愛いですが、この女性も素敵です。ビーチが活気づくにはイカ娘がもってこいかもしれませんが、海の家の稼ぎを考えるとこの南風娘の方がいいのかな、と思ったりしました。しかし、さすがは南風のおやじさんで、イカ娘の隠れた才能を存分に活かしていましたね。
それにしても、イカ娘は侵略者としてはとことん無駄な才能を発揮していますねぇ。働かせる側としては素敵な才能ですが、イカ娘にとっては才能の無駄使い。研究所の人たちのことをバカにできないでしょうね^^;



とことで、今回はこんなところで失礼します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック