ぬらりひょんの孫 #19『幕は闇より開く』 感想

犬神を助けたのは玉章。

人間から迫害されていた犬神は玉章によって救われ、真の妖怪になったようですね。
玉章にしてみれば犬神を利用したようなもの。しかし、それは彼の力を見抜いてこそのものなんですよね。玉章と出会ったころの犬神はまだ力を発してはおらず、そんな彼の力を見抜き、生きる価値を与えたのはどんな理由であれ玉章です。だからこそ、犬神は自分が騙されているとしてもそれでいいと思えるのでしょうね。彼がいなければ人間に蔑まれ死にゆく運命であったであろうことを考えれば、犬神が彼に従うのも頷けます。ただし、人と妖怪の上下関係の認識は不要なもの。それをリクオが正すことができるか、それとも倒すしかなくなるのか今後の注目になりますね。



やっぱり気になる清継の運命w

今回の清継には、今まで以上に妖怪を見れるであろうチャンスが訪れました。しかし、騒がしい様子を島に見に行かせたり、崩れたコンクリで映写室に閉じ込められたりで、やはり妖怪を見ることができませんでした。徹底してますねw
彼が自覚して妖怪を見ることができる日はくるのか……それにも注目しつつ、今後の展開を楽しみにしたいと思います^^



とことで、今回はこんなところで失礼します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ◎ぬらりひょんの孫#19幕は闇より開く

    Excerpt: ヌラリヒョンとオオダヌキが話をしてた。タマズキが七人同業たちとのし上がろうとしてる。中でもイヌガミが危険だという。イヌガミは人間社会に紛れ込もうと人間のマネを必死でして... Weblog: ぺろぺろキャンディー racked: 2011-03-20 21:20