みつどもえ 増量中! 06話『トイレがあいてないなら雪の上にすればいいじゃない』 感想

佐藤に救いがあったかな(´・ω・`)

まずタイトルが酷いと思いましたが、エピソードも確かにタイトルに負けない酷さでしたねw(もちろん、この世界的にはいい意味です)
トイレで年を越したり、汚い雪合戦をしたり……それがこの世界らしさなのでしょう。しかし、このエピソード以外は割とあっさり終わったように感じられる今回でした。
バレンタインネタに関しては、草次郎が不審者に間違われるのはいつものこととはいえ佐藤もまた悲惨な目にあうのではないかと思っていただけに呆気なく感じました。保護者懇談会も智がいいところを見せて終わらせましたし……。どちらにせよ、今回は佐藤が救われた回かなと感じましたね。いつもが酷かった分そう感じるだけかもしれませんし、その分また後で反動がきたりするのでしょうけどw



時の流れが早いw

今回のエピソードは年越しに始まり、バレンタインや雪の話を経て、最終的にはエイプリルフールに至りました。1話で三ヶ月ちょっと進んでるという驚異のペースですw
この手の世界は時間を気にするのが不要とは言え、それでも気になるほどに時の経過が早かったですね。またすぐにクリスマスネタがくるのではないかという気がしますよw



とことで、今回はこんなところで失礼します。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック