STAR DRIVER 輝きのタクト 21話『リビドーなお年頃』 感想

サカナちゃん再登場(´・ω・`)

予告にあった通り、サカナちゃんが再登場しましたね! まあ回想でしたが(´・ω・`)
これまで見てきた彼女の姿は鎖に繋がれた姿がほとんど。しかしながら、やはり彼女はヘッドにとって特別な存在であったことが感じられましたね。彼女自身も実に楽しそうでした。そういったものを失ってまでもヘッドが求めるものはどのようなものなのでしょうか。今後明らかになってくるその“力”が非常に気になるところです。



オーバーフェーズ装置(´・ω・`)

ウィンドウスターのヘーゲント復活。ただ復活しただけならまだよかったですが、また少し進んだフェーズの力を持ったものにさせるというそれは非常に嫌なものでしたね。見た目的にw
ヘーゲントのドライバーのことについて何も考えなければ別にどうということはなかったでしょう。しかし、相手のドライバーを傷つけまいとしてきたタクトにとっては効果覿面なフェーズでしたね。しかし、これで命のやり取りからタクトを逃さないようにしたのでしょうが、それはむしろ彼女自身の逃げにも感じられました。きっと従来のままではタクトに勝てないと感じたための逃げの策に。結局ワコの力により元のフェーズに戻った彼女は瞬殺でしたしw
そんなマドカと違い、ワコは逃げません。その想いとリビドーの強さが勝ったのは、タクトとのキスの相手に立候補したことからも感じられましたね。ここからワコの本領発揮に期待です!



とことで、今回はこんなところで失礼します。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック