魔法少女まどか☆マギカ 10話『もう誰にも頼らない』 感想

魔法少女ほむら☆マギカ(o>ロ<)o

今回の冒頭は新しい世界(アニメ)が始まったのかと思いました。しかしむしろ逆で、ループ前の世界が映し出されたわけでしたね。ここでまどかの魔法少女として活躍する姿を見れたのが新鮮でおもしろかったところです。しかし、それよりも驚きだったのはほむらが今とは全然違うタイプだったことですね。最初はこれに違和を感じたものですが、彼女が刻んだ時を共有してみると、彼女が変わったのはごく自然なことだと感じました。今話のタイトルである「もう誰にも頼らない」。これはいつにも増して相応しいタイトルだったでしょう。
これまでに刻んだ時を経験してみて、ほむらがさやかやマミに頼りたくはなく彼女たちを助けようと考えていないことも、ただまどかを守りたいと強く願うのも納得できました。しかし、それは同時にほむらが孤独な戦いをするしかないということへの納得にも繋がり、非常に悲しい気持ちになりました。唯一共に戦えるまどかは魔法少女になってはいけないのですから、ほむらの背負った運命は非常に過酷なものですね……



孤独な戦い。

ほむらの願いは「まどかとの出会いをやり直したい」というもの。今までの話から考えると、キュゥべえと契約を交わした際に願いが遂行されるのが自然であると考えられ、ほむらが何度も過去に戻るということはおかしく感じていました。単純にほむらの願いが連続的なものであり、ほむらの望む世界が訪れれば時は正常に刻まれるということであればいいのですが……。もしかしたら幸せな結末を迎えることができたとしても、ほむらはそれ以降の時を刻むことはできないのかもしれませんね。どんな結末であれ、ワルプルギスの夜との戦闘後には時を戻してしまうのがほむらの特質で、それ以降の時を刻むにはほむらという存在はこの世界にいてはいけないものなのかもしれません。そう考えるとほむらの戦いは一層孤独なものに感じられます。
キュゥべえはともかくとして、ほむらも含めて全員幸せになってほしいものです……



とことで、今回はこんなところで失礼します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック