デッドマン・ワンダーランド #02『解毒剤-キャンディ-』 感想

最悪な世界。

レースに出ている者は皆受刑者であり、ここに収監されるほどのことをした者たちです。しかし、そんな彼らが怖れるほどの理不尽さがレースでは待っていて、それは外目にはショウとなっている…。この世界(デッドマンワンダーランドの外も含めた世界)はどれだけ酷いものかがよくわかるレース回だったと思います。
客観的には、客と受刑者とでは後者の方が悪いはず。しかし、ショウ全体を見てみますと前者の方が最低ではないかと感じさせるシーンがあり、この世界そのものがけっこう危ういものだったんだと気付かされましたね。
デッドマンワンダーランドだけでなく、この世界そのもののルールに従わずに生きていけるほど丸太には強くなってほしいと思いますが、今後どうなるか……気になるところですね。



消えたアザミ

原作であれば今回はアザミが登場するところでしたが……きれいさっぱり彼女の存在はなくなっていました。
確かに彼女が主に話に絡んでくるのはかなり先になるので、そこまでやらないであろうアニメでは不要な存在だったと思いますが……素敵な女の子なのでちょっぴり残念でした(´・ω・`)
そんな彼女の代わりの役目を主に担ったのが羊でした。彼は1話に続いて傷つけられていましたね。しかし、玉木と話す怪しい部分も見せているという、今のところなんだかわからない人物でもあります。今後彼がどのように話に絡んでくるか、そこに期待です。



とことで、今回はこんなところで失礼します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック