TIGER & BUNNY #12『草の中にいる蛇に用心せよ』 感想

脆き信頼関係(´;ω;`)

信頼関係というのは非常に重要なもの。それを実感する回となりましたね。
前回、自分のことを信用するようにと言った虎徹でしたが、彼は今回バーナビーの言葉を信用せずに勝手な行動を起こしました。それはつまり、虎徹はバーナビーと相互な信頼関係を築くような立場ではなかったということ。年齢的問題もありますから、どこか先輩的にバーナビーを救ってやろうなどと考えていたのかもしれませんね。
しかし、それでは真の信頼関係を築くことはできません。コンビを組むならば、互いに対等な立場として信頼し合わなければいけないのに、虎徹はバーナビーのことを信用していなかった。それはバーナビーの虎徹に対する信頼性失墜にも繋がりますよね。
一つのことがきっかけでこうももろく簡単に崩れ去ってしまう。信頼って怖いものです。二人の信頼がもっと確固たるものに構築されていれば、こんな簡単に瓦解することもなかったでしょう。やはり二人はコンビとしてまだまだなんですよね。しかしそれだけ伸びしろがあるということ。二人には是非今後とも素敵なコンビを形成していってもらいたいものです。ですから虎徹死なないで……(´;ω;`)



とことで、今回はこんなところで失礼します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック