まりあ†ほりっく あらいぶ 12章『かなこさんの誕生日』 感想

かなこは幸せ者(´・ω・`)

誕生日を祝ってもらえるというのはそれだけで幸せなこと。なのに高望みをするというかなこの脳内は本当におめでたかったです。
予定が空いているかと訊かれ、そのどれもに空いていると答えた。それがのちの彼女の悲劇を呼ぶというのであれば、それは必然の結果と言えるでしょうね。それでも最終的に救われることになったのは鞠也たちがいたからこそ。そういった素敵な仲間達に囲まれるだけでとても幸せなのだということを、かなこには自覚してもらいたいと思いました。
ましてや盛大に誕生日を祝われるのですから、至上の幸せを実感した機に彼女も自分の欲望を少しは抑えることを学んでほしいところです。とはいえ、そういった変態的部分が彼女の良さでもあるので、結局は残っていていいんですけどね^^
さて、ボクの誕生日はいつだっただろうか……?(´・ω・`)
祝われるのは当たり前のことではない。とても幸せなことなのです。それを自分に言い聞かせて生きていこうと思います(´・ω・`)



とことで、今回はこんなところで失礼します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック