俺の妹がこんなに可愛いわけがない 06話『俺の幼馴染がこんなに可愛いわけがない』 感想

田村家はとってもユニーク^^

今回京介がお邪魔した田村家はとてもユニークなところでした。特にいいキャラをしていたのがじいちゃん。冷蔵庫に入って体を冷やしてまで死体のふりをするとは……シャレになりませんw じいちゃんのことを本気で心配する京介がまた素敵でしたので、それを見せる仕事をしてくれてGJでしたけどね。
このじいちゃんにしろロックにしろ、京介との関係がとても親しいものですね。いくら幼馴染の家族とは言え、そう簡単にここまで打ち解けはしないと思います。それも田村家の者の人柄がなせるものでしょう。素敵な家庭ですね^^



はあからさまに嫉妬w

京介不在の高坂家(というより桐乃)は田村家の楽しそうな雰囲気とは対照的なものでしたね。両親にとっては京介がいようがいまいがあまり関係なさそうでしたが、だからこそ桐乃のいつもとはまた違った不機嫌さがあからさまでおもしろかったですw
せっかく待望の抱き枕が届いたというのに、その喜びよりも不在の兄に対する思いが勝る。とんだブラコンですねw



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"俺の妹がこんなに可愛いわけがない 06話『俺の幼馴染がこんなに可愛いわけがない』 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント