俺の妹がこんなに可愛いわけがない 07話『俺の妹がこんなに小説家なわけがない』 感想

メルルは割と恐ろしい子のようですw

今回、メルルの観賞会がおこなわれました。そこで黒猫から明かされた事実に驚愕しました。
悪に支配された味方に笑顔で必殺技を放ち蒸発させたりだとか、主題歌である電波ソングの歌詞を要約すると、
「全力魔法を零距離でお見舞いしてやるから動くんじゃねぇぞコラ、という意味ね」
だったりとか……w
とても“友情”がテーマの作品として見られるようなものではなさそうですね。別の見方では楽しめそうですけどw



桐乃の小説が本になるだと……?

黒猫が気に入らなかったという桐乃の小説。それの一部は本当に酷いものでした。
しかし、桐乃がそのあとに書いた二作目が雷撃文庫の編集者の目に留まったというのだから驚きです。いったいどれほど進化したというのか、気になるところですね。
その作品の詳細については明かされるのでしょうか。今回おこなった取材で部分部分のネタが明かされてはいましたが、どのようなものかより詳しく知りたいものですね。次週のサブタイから察するに、それが○○化されるほどのもののようですから……。
……事実だとしたらものっそい展開早いですねw



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"俺の妹がこんなに可愛いわけがない 07話『俺の妹がこんなに小説家なわけがない』 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント