フラクタル EPISODE 01『出会い』 感想

ドッペルという存在はどのようなものか……

期待(?)のフラクタル。その1話は個人的に面白かったと思います。
見ていて気になったのは、クレインをはじめとする人型のキャラの他にでてきた、何だかよくわからないドッペルという存在。最初は何故このような見た目なのかよくわからず、姿を消すことにも驚いたものです。それだけでなく、クレインの意思でドッペルな両親を消せることもw
父母のことを大切に思いながらも、そんなドッペルという存在に対する行為は軽いクレイン。そういった意味でも、ドッペルというのはどのような存在なのか気になりました。とりあえず、本当のママさんはとっても素敵っぽそうなので実体を求めたいところなのですが、リアルな存在はどうなっているのでしょうか。ドッペルに関する部分が実に気になるところですね……



敵(?)はアホ

どんな作品でも個人的に注目するのはキャラクター。その面では、かなり魅力的な部分が見られたと思います。
主人公のリアクションも画伯っていましたし、フリュネも可愛かったです。それより何より、敵っぽい3人が良かったです。正体がクレインにバレておきながらも、キャラを変えて家を訪問しようとするあたり、愛着の持てるアホさが見られましたね。敵(?)としてはどうなのかと思いますが、キャラとしては実に魅力的だったと思いますw
最後ちょっぴり出てきたネッサにも、そのキャラクター性に注目したいと思います^^



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"フラクタル EPISODE 01『出会い』 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント