フラクタル EPISODE 02『ネッサ』 感想

ネッサは元気可愛い(*´ω`*)

クレインの目の前に現れたネッサ。クレインの話に出てきた見知らぬフリュネに裏切られたと知るや悲しむ彼女は、なんとも可愛げで悲しげ。非常に魅力的に感じました。そもそも見知らぬ人物に対して深い興味を抱くあたりが、彼女の好奇心旺盛さをよく表していたと思います。外に出てもそれがいいように発揮されて、短いながらも彼女がどんな娘なのかよくわかりましたね。だから、彼女を忘れ物として預けてきたクレインは複雑な気持ちを抱いたことでしょうね。比較的軽い扱いをするドッペルとであろうとわかっていても、ネッサからは確かに“生”が感じられたのですから。



クレインの思い

クレインの家に同居している父母は、クレインを信頼してるからこそ自由を与え、大切だからこそドッペルを住まわせているようですね。とりあえずこちらとしては安心できる言葉でしたが、クレインにとっては悲しい思いを抱く状況なのですね。
一人は嫌だ。クレインがそう願うことができたのは、フリュネやネッサに会ったからですね。その想いが通じたか、ネッサは戻ってきました。そしてアホ3人にも絡まれ、クレインはさぞ嬉しかったことでしょう。いや、ホントにそうかはわかりませんがw
彼の周りは大きく変わり始めています。それに呼応して、クレインの心情がどう変化していくか、そういった面に注目です。彼の冒険は既に始まっているのでしょうか……?



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"フラクタル EPISODE 02『ネッサ』 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント