君に届け 2ND SEASON episode.03『忘れて』 感想

爽やかな風早(*´ω`*)

爽やかでとっても素敵な風早。しかし、今の彼にとっては“爽やか”というのは褒め言葉ではないようですね。
爽やかだと周りの者を幸せにするかもしれません。だからと言って、彼自身が幸せにならなければそれは悲しいことです。今の風早はそうなってしまうことをただ純粋に可愛らしく恐れていますね。風早の心情部分は以前にも増してもどかしいことになっています。彼自身にとっては苦しいところでしょうが、そんな風早がまた魅力的なので私的には大いにアリです(*´ω`*)b



三浦健人は重要な存在。

決してカッコイイとは言えない三浦健人ですが、その人懐っこい性格は爽子を前向きにするのにはいい戦力になることでしょう。気になるのは、彼自身が爽子のことをどう考えているのかということ。爽子からしてみれば特別な存在なのは風早一択なのでとりあえず問題はないはずなのですが、健人の心の内がわからない以上は風早も気が気じゃないでしょうね。実際、爽子にはとても魅力があり、2年生の新しいクラスにおいても彼女はすぐに馴染むことができました。そのきっかけを作ったのが健人であるのですから、風早は危機感を感じるところでしょう。
健人の存在は風早を活かします。そういった意味では、健人の存在も大いにアリですね(*´ω`*)b



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"君に届け 2ND SEASON episode.03『忘れて』 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント