IS<インフィニット・ストラトス> 04話『決戦!クラス対抗戦』 感想

戦闘パートも魅力的ですよ(´・ω・`)

敵ISの出現。これまでの模擬戦闘とは違い、本当に命が関わることになると緊迫したものが見られます。普段は鈍くてどうしようもない一夏も、今回の戦闘においては主人公然としたカッコよさが見れて良かったですね。
これで今後の戦闘が少し面白くなるところでしょうか。まあ正直、私自身はISの戦闘よりも学園パートの方を期待してるんですけどね(´・ω・`)



例外がいたからこそ例外を認める。

ISは人が乗らないと絶対に動かない。その事実を覆すことになる今回の無人機襲来。相手IS機が無人機である可能性に一夏が気付くことができたのは、彼自身がまた“例外”であるからでしょう。女しか乗れないはずのISに男が乗っている。その例外があったからこそ、相手を無人機だと仮定することができ、その相手に全力で挑むことができたんですね。そういった発想ができる点でも、一夏は貴重な存在なのでしょう。
ISに関わる常識の例外が生まれることにより、物語は今後どう動いていくのか注目です。でもやっぱり女の子の魅力に注目です(`・ω・´)



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"IS<インフィニット・ストラトス> 04話『決戦!クラス対抗戦』 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント