放浪息子 #03『ロミオとジュリエット』 感想

文化祭は学生の醍醐味(`・ω・´)

文化祭の時期がやってまいりました。文化祭というのは学生自身が楽しむだけのものではありませんが、準備段階は学生でしか味わえないものです。そういった意味では学生時代の醍醐味であり、それを楽しんでもらいたいと思いますね。
幸いと言うべきか、修一たちのクラスは見事に倒錯劇に決まりました。男女入れ替わるそのお話を考える修一は悩みながらも楽しめたことでしょう。とは言え、悩んでいることに再び向き合わなければならないことにもなりますが。どちらにしろ、文化祭を楽しめたらというところ。それに尽きると思います。



悩みは人それぞれ。

よしのの悩みはブラジャー。男なら悩むことはないそれに悩むよしのの気持ちはわからなくとも、その悩みはリアルに感じました。どんなに意識が男に向いていようとも、強制的に現実に戻されるのは辛いことでしょう……
修一たちの悩みは声変わり。まだきていないそれでしたが、目の前にそれを経験しようとしている人がいるのですから危機感を感じるところでしょうね。実際、彼らのように女の子っぽさを求めていなくとも多少なりは戸惑いを感じてしまうものですから。
人それぞれ悩みを抱えていますが、皆それを乗り越えて成長するものです。よしのも最終的にスポーツブラで一山越えました。修一たちも悩みに直面した時にどのように深く悩んでそこから再び歩みだすのか、気になるところですね。



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"放浪息子 #03『ロミオとジュリエット』 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント