STAR DRIVER 輝きのタクト 22話『神話前夜』 感想

神話前夜のキャラクター

神話前夜から始まった今話。マズイ抱いたのはワコ演じるクレイスが可愛いという印象です(*´ω`*)
コルムナを演じるスガタはいつもの彼とはまた違った魅力を纏っていてこれもまた良かったです。二人でいいシーンを創出していたのでこれが演劇であることを忘れそうでしたが、観客の「スガタ君」コールで現実に戻されましたよ。
さらには、普段は裏方な役目で目立たないタイガーの魔女っぷりがまた良かったです^^



深夜全話のクオリティ

全体のテーマとしてはいたって真面目なものがあります。その中で随所随所に楽しいセリフを交えることで観客を飽きさせないというのは演劇の基本でしょうか。基本を踏襲していて素晴らしいです。逆に言うと楽しいセリフで現実に戻されることがありながらも、ちゃんと一つの世界が描き出されているのが非常に素晴らしく感じました。さすがは夜間飛行の演劇です。ちょっぴりエロまであるのもね^^



演劇の中で試されたタクト

サリナのアドリブにより、タクトのワコに対する想いが試されたように感じられます。それはこの後にキスシーンが待っているからでもあったでしょう。それだけにこの障害をきちんと乗り越えたタクトとワコのキスシーンは実に価値があるものでしたね。実に素敵な演劇でした^^



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"STAR DRIVER 輝きのタクト 22話『神話前夜』 感想" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント