フラクタル EPISODE 08『地下の秘密』 感想

憎まれっ子とエッチは世に憚る。

人に憎まれるような人やエッチな人の方が世間的には幅をきかせているという意味ですね。聞いたことがありそうでないというのはきっと気のせいでしょう。
クレインはこの条件の後者に当てはまるので撃たれてもきっと助かるはずだということ意味が込められた言葉ですが、逆を言うと助かるのならば確かに彼はエッチだということになります。とことで、クレインが普通に復活してピンピンしていたのは主人公だからではなくやはりエッチぃからでしょうね。フリュネとの再会は、その足元からこんにちはでしたし。まったく、逞しい男です(´・ω・`)
ですから最後の爆発でもきっと彼は助かっているはずです。それでこそ真のエッチなのですから。



とことで、今回はこんなところで失礼します……

"フラクタル EPISODE 08『地下の秘密』 感想" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント