あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 01話『超平和バスターズ』 感想

あの夏の日の思い出……

昔のとある夏の日の思い出をお話に盛り込んだこの世界。個人的に、それだけで惹かれるものがありました。
実際お話が始まってみても、じんたん以外の皆にはめんまのことが見えないという、あの夏の日がもう戻って来ないものだと気付かされる物悲しさを感じてとても惹かれました。それでも、あの夏の日の思い出は一生消えないはずです。それがどれだけ大切なものであったか、それを皆には思い出してほしいなと思いました。
そういった意味で考えますと、たとえ過去のことを引きずって世間的にはダメ人間になってしまっているとはいえ、じんたんは私的にはかなり好きだなと感じました^^



キャラが魅力的(*^ω^*)

めんまのあらゆる仕草が可愛らしかったです。そんなめんまの可愛らしさと同時に、過去に起こったとある出来事によって引き起こされた彼女の友人であった様々な者の悲しさを垣間見ました。最近の世界にはよくあるキャラの可愛さを出していながらもそれだけに終わらず、あらゆるキャラの心情面で繊細さを表現していて非常に興味深かったです。
見た目的にも心情的にも、キャラクターは私がホントに好きなタイプです。その性質を活かした上で、今後話が展開されることに期待したいと思います!



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 01話『超平和バスターズ』 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント