アスタロッテのおもちゃ! 02話『初めてのセミコロン』 感想

ギャップに惹かれる。

今回は普通にいいお話でしたね。
まずはオラフがロッテの過去話をした時点で、前回イメージした方向性とは少し違うのかなと感じました。オラフはもう少しお笑い要因的キャラかと思っていたんですが、一応は普通に世話係やっているんですね。私はそのギャップで今回のお話に引き込まれた感はあります。
そして最終的には直哉がロッテのためにぬいぐるみを作ってやり、ここにおいては男である直哉に対してロッテがいい意味でのギャップを感じたことでしょう。
とにかく、素敵な回だったと思います。



明日葉はできた子。

50万という条件に対してすかさず二本指を立てて交渉に入るとは……恐れ多い女の子でしたね。結局、その交渉には直哉はまったく入ってこないうちに成立しましたからねw
そんなできた子でありながらも、年相応の無邪気さを持っているのがまた魅力。まだほとんど出番はないものの、とにかく元気奔放だということが伝わってきて、彼女を見ているだけで笑顔になれそうなそんな気分です。
パンツ穿いてないのはご愛敬(´・ω・`)



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"アスタロッテのおもちゃ! 02話『初めてのセミコロン』 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント