神のみぞ知るセカイII FLAG 3.0『地区長、来たる。』 感想

ハクア初回(´・ω・`)

登場間もないハクアは親近感を感じる魅力を発揮していたように思います。
桂馬とうまいぐあいにやり取りしていたこともそうですし、何より優れた悪魔と見せかけて実はそうでもなさげなところが魅力でした。エルシィの前だからと意地を張る彼女ですが実際は駆け魂を捕まえてなどなく、それを正直に打ち明けることができずに微妙な表情の変化を見せていたのが可愛かったですね。
彼女の本領はまだこれからといったところでしょうか。更なる魅力を見せてくれることに期待です^^



甲子園目指して。

野球部の場面は一瞬アニメが変わったのかと思いましたw
甲子園へ向けた熱い一球入魂勝負は手に汗握るもので……なんてことはありませんでしたね。点差が点差なだけに^^;
とは言え、大きな点差をつけられた舞島も3点はとっているんですよね。エラーも2で、とられている点数に対しては圧倒的に少ないですし……そこから考えてみても、ピッチャーに原因がありそうですね。でも駆け魂と話を絡めますと、彼ならば心のスキマを駆け魂に譲ることはなさそうな気がします。100点とられても投げ続けるという精神力はそうないでしょうから。ま、そんなことどうでもいいんですけどw



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"神のみぞ知るセカイII FLAG 3.0『地区長、来たる。』 感想" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント