聖痕のクェイサーII #03『玻璃の罠』 感想

ツッコミどころ満載(`・ω・´)

真面目なふりして面白い。主人公のサーシャをはじめとして、毎度のごとく真面目な楽しさを提供してくれますね。
特に今回それに当てはまるのはジータでしょう。
自分が吸ったというのにサーシャに理不尽な怒りをぶつけたこともそうですが、サーシャの男を切り取れば屈辱はないも同然って……どんな理論かとついついツッコミをいれてしまいますねw
真面目さはもともと持ち合わせていませんがあやめも楽しさを提供してくれています。
この世界はホント面白いですね^^



“思い”“言葉”

「溢れるほどの思いやりも、たった一言の言葉にはかなわない」
そうサーシャが言っていました。言葉というのはそれだけで非常に多くの情報を有している、ということを表しているのでしょうね。
私も“言葉”というのは大好きで、直接言われた言葉でなくともそこから何かを感じ取って大事にすることがあります。それは“言葉”と“思い”を融合した解釈ですね。ですから、私はこのサーシャの言葉からは「“思い”も大事だけど」という前提のもとで解釈しています。
そもそもここでいう“一言の言葉”が価値を持っているのは、そこに幾多もの“思い”が含まれているからだと思います。
“思い”と“言葉”。どちらも大切にしていきたいですね^^



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"聖痕のクェイサーII #03『玻璃の罠』 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント