STEINS;GATE 05話『電荷衝突のランデヴー』 感想

未来でも過去でもなくが一番綺麗。

今回もいくつか気になることがありました。
・鈴羽は何故紅莉栖を睨みつけたのか。
・まゆしぃはどういう意味でラボの“人質”となっているのか。
・IBN5100に詳しいという鈴羽の知り合いとは誰か。
これ以外にもいくつか気になることはありましたが……とにかく、前半部は鈴羽の挙動が実に怪しかったですね。とうもろこしに続いて花火を見たことがない様子でしたし、ヘリの音を聞いて爆撃だと反応していましたし……。
まあそういったところについてはあまり深く考えすぎないようにしたいかなと思います。ニヤニヤしながら今後の展開を待ちたいです^^



紅莉栖(*^ω^*)

ラボに深く関わってくることになった助手ことクリスティーナ……こと紅莉栖。
彼女のことが知れてくることでだんだんと魅力が出てきましたね。
凶真が岡部と呼ばれて声を荒げた際の紅莉栖の反応がベスト。それに対して涙した理由を全て説明しちゃうあたりも可愛いですね(*^ω^*)
まゆしぃだけじゃない、紅莉栖やルカ子も含めて女の子は可愛い子が多いですね。
……アレ?(´・ω・`)



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"STEINS;GATE 05話『電荷衝突のランデヴー』 感想" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント