あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 04話『白の、リボンのワンピース』 感想

じんたんたん(*^ω^*)

今回のあなるもとっても魅力的でした。
めんまが仮に幻だとして、それはじんたんが彼女のことを好きだから現れたと考えるのが自然です。だからあなるは涙を溜めていたのですが、それでもめんまに優しくしてあげてと言う部分に、彼女もやはりめんまが好きなんだなぁという思いと彼女の優しさを感じました。また、「可愛くない」と言って頬を膨らませるのが可愛かったです。
そんな彼女と同様に、今回はじんたんの可愛さも実感しました。
ゆきあつが妄想野郎と言っていたところで自分の方がそれに近いことに気付き頬を赤らめたりだとか、めんまにつられて父親に行ってらっしゃいを言ってしまった時なんかが特に^^
主人公であることを考えるとカッコよさを見せるべきかもですが、今の彼はそれはそれで魅力的かなと感じます(*^ω^*)



ゆきあつ……(´;ω;`)

ぽっぽが見たというめんまの正体が明らかになりました。それはなんと、女装したゆきあつ!
(´・ω・`)
(つд∩)グシグシ
(´・ω・`)……
(´;ω;`)
結局逃げ切ることはできませんでしたが、彼がいつもランニングしていたのはもしも見つかった場合に逃げ切れるように鍛錬していたからかもしれません。だとしたら、彼の敗因はあのような山道で練習をしなかったことにあるでしょう。カツラがとれるようなハプニングは想定していなかったでしょうからね。
ともかく、これでゆきあつはめんまのコスプレをしていることが皆にバレてしまいました。彼の立場はどうなるのか……皆の対応も含め、次回が物凄く気になります!



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 04話『白の、リボンのワンピース』 感想" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント