世界一初恋 06話 感想

三角関係(´・ω・`)

アシスタントの方々も言っていた通り、今回の千秋は感情移入できないように感じられました。
芳雪が一之瀬絵梨佳にいい顔をしているのが気に入らないという千秋の嫉妬は可愛らしくていいのですが、自分は嫉妬しておきながら芳雪の気持ちをあまり考えていなかったのが良くなかったですね。それは柳瀬とのことなのですが……もちろん柳瀬も大切な友達でしょうが、芳雪のいる前で「優がいないと生きていけない気がする」なんていったら芳雪は悲しくなってしまいますもの。そこはなんとかしてもらいたかったかなと思いました。
柳瀬も個人的にタイプなイケメンなので彼の恋も報われてほしいのですが……この3人の想い全てを実らせるのは難しいことなんですよね。3人の関係という部分はなかなかにシビアなところですが、この3人の誰にとっても納得できる結末を迎えてくれればなぁと思います(´・ω・`)



も出てきた~!(*>ω<*)

今回は高野に加えて律まで出てきてくれたので嬉しかったです(*^ω^*)
千秋の場合を経験することで個人的には律がけっこう好きなんだと実感できていたので、喜びも一段と大きかったです。また、彼の登場は絶妙なタイミングと言えました。千秋の方でもどかしさを感じていたので癒しの材料になってくれましたよ。
彼のエピソードの続きもまた始まってくるようなので、そちらも楽しみです(*^ω^*)



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"世界一初恋 06話 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント