俺たちに翼はない 07話『栄えある王の凱旋だ!』 感想

(´・ω・`)

なんとなく翔の気持ちがわかったような気がします。とにかく、今までの人格と比べて伽楼羅は確かに別格な存在で、彼の話を聞いていたら思わず笑ってしまうものです。まあ私の場合は産卵するバジリスクのようにはいきませんでしたが(´・ω・`)
でも笑えるっていいですね。興味を失うことが最も怖いことなので、どんな形であれ楽しめるというのはいいことなのです。翔も伽楼羅も、この時は実に幸せだったことでしょう……多分(´・ω・`)



(´・ω・`)

伽楼羅の登場によりここまでギャグテイストになるとは思いもしませんでした。
私は意外と彼のキャラを気に入ったのですが、それを活かしている周りの者たち(YFBら)のノリの良さも評価しなければと思いました。伽楼羅の良さは周りが乗ってくれなければ活きませんからね。そういった意味では、非常にいい仲間関係ができているのではないかと感じました。
昔ながらのごっこ遊びテイストを感じられた部分も良かったです。ホント彼らは(いろんな意味で)愉快ですね^^



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"俺たちに翼はない 07話『栄えある王の凱旋だ!』 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント