神のみぞ知るセカイII FLAG 6.0『10%の雨予報』 感想

ヒロインの(*^ω^*)

今回はかつてのヒロインである歩美が再登場することによって、記憶を失った以後のヒロインがどのようになっているかが示されていましたね。記憶はもちろん失われていたのですが、やはりと言うべきか彼女たちの中には桂馬に対する“想い”が残っていたようで、その点についてはほっとしました。彼がおこなってきたことが確かに存在すると実感できましたからね^^
実際考えてみますと、桂馬がこれまでおこなってきたのはヒロインそれぞれの心のスキマを埋めるためのもの。そして現在の彼女たちはそれが埋まっているわけなのですから、そこに“恋心”がある方が自然なんですよね。
今後、彼女たちの“想い”が再燃するようなお話はないものか、その部分にも期待していきたいと思います^^



(´;ω;`)

千尋が言っていたようにたまの雨ならいいかもしれませんが、基本的に雨はよくないものだと思いました。
引きこもり生活にはそれほど支障をきたしませんが、激しくなってくるとそれにも支障がでてきます。たとえば、テレビの映像が乱れたりだとか、音がうるさかったりだとか……。しかしそれはまだマシで、直接雨による影響というわけではありませんが雷が一番嫌な存在だと感じます。一瞬でも停電して作業中のデータが失われると、本当にキツイことですから。
以上、神のみぞ知るセカイII06話の記事を書いている最中の停電によりデータが失われたボクの感想でした(´・ω・`)
このくらいの分量ならいいですが、もっと多量のデータが失われるとホントキツイです……(´;ω;`)



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"神のみぞ知るセカイII FLAG 6.0『10%の雨予報』 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント