緋弾のアリア 06弾『星伽の巫女』 感想

刑期よりも大事なものがある(`・ω・´)

次なる敵はデュランダル。この犯人もかなえの刑期を減らす相手のようですね。
あとどれだけかなえに罪を着せている相手がいるのかはわかりませんが、基本的にそういった敵を次々と相手にしていくことになるのでしょうかね。目的等ははっきりしているのでわかりやすい展開ですけど、まだまだ先は長いですね。
今度の犯人の正体は何者か。それも気になるところですが、とりあえずは白雪の魅力をエンジョイしたいと思います(*^ω^*)



期待の白雪(*^ω^*)

白雪とアリアによるキンジの取り合い。それぞれ目的は違えど、メインキャラの関係は面白くなってきましたね。とにもかくにも、白雪の出番がたくさんあったことが喜ばしかったです。
キンジラブな白雪が魅力的なのはもちろんとして、アリアの存在を邪魔に思う彼女もそれはそれで輝いていました。そんな白雪の魅力をもっと深く感じるためにも、彼女がどうしてここまでキンジのことを溺愛しているのか、その詳しいエピソードを知りたいところですね。今後にそれが盛り込まれることに期待したいと思います^^



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"緋弾のアリア 06弾『星伽の巫女』 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント