STEINS;GATE 09話『幻相のホメオスタシス』 感想

現在は過去の積み重ね(´・ω・`)

過去改変により行方不明となったIBN5100。それはどこにいったのか。考えられるのは、萌郁のDメールかルカ子のDメールによるものでしょうか。この二人の言葉を知るならば、現在の行方はどちらも知らないというもの。うぅむ……ホントどこに行ったのでしょうかね。
ルカ子のメールはかなり昔に送ったので、その影響により根本的なものが変わり、彼らの身辺とはまったく関係のないところに行ったのならばまだいいのですが……。でもルカ子のメールで過去が変わったとして、その場合萌郁のDメールはどうなるんでしたっけ(´・ω・`)
萌郁のメールは送られたとして、ルカ子のメールで過去が変えられた後に届くということでしょうか。ならば萌郁のメールによる効果は変わって……複雑ニャ(´・ω・`)
ともかく、今後明らかになることに依存したいと思います(´・ω・`)



驚愕のラスト(´・ω・`)

過去を変えることのリスク、もう引き返せないところまで来てしまっている恐ろしさを感じるとともに、次回がとても気になる素晴らしい引きでしたね。
本格的に物語がシリアスへと突入してきましたが、本当の恐怖はまだこれからといったところでしょうか。それを考えると、怖いですが興味深い……今回のラストのような感情を抱きます。
完全にこの世界に惹かれています。次回もとっても楽しみなのです(`・ω・´)



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"STEINS;GATE 09話『幻相のホメオスタシス』 感想" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント