アスタロッテのおもちゃ! 09話『微熱のバックスラッシュ』 感想

All's well that ends well.(´・ω・`)

終わりよければすべてよし。といった感じでホント綺麗に終わってくれますね、この物語は。
途中の話に目を向けてみますと、たとえば直哉の下半身がやんごとなき状況に陥っていたりなど、やん(*´・ω・`*)といった部分もちょこちょこあります。しかしながら、最終的にはそんなことを忘れてしまうくらい、いい話だなー(´;ω;`)といった感じになるんですよね。
今後もそんな本世界に期待したいと思います。



シグルドはいい人(´・ω・`)

やっぱりいい人シグルドは、今回直哉へのお料理作りを手伝ってあげてましたね。彼が料理を普通にこなしていたのは正直驚きでした。こんなことまでできるとは、ますますいい人だという印象が強まりましたよ。
でもイニが言っていた「お友達で終わるタイプ」という言葉にも納得できるんですよね。いい人であるからこそいい人以外になりえないと言いますか……そんな悲しい運命を背負っているような気がしてしまいます(´;ω;`)
まあきっとなんとかなりますよ(´・ω・`)(無根拠)



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"アスタロッテのおもちゃ! 09話『微熱のバックスラッシュ』 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント