神のみぞ知るセカイII FLAG 9.0『2年B組長瀬先生』 感想

主役は純(´・ω・`)

純視点で物語が進むことにより、ゲームの世界に身を投じる桂馬に悲壮感が出ていましたね。いつもの桂馬視点であれば、彼がゲームをするのはコミカルに描かれていたと思います。しかし、傍から見ればそれは孤独なもので、こんなにも悲しい状況であるのだということを実感しました。いつもとは違うその対比が面白く、とても新鮮な気持ちで見ることができました。ですから、純に駆け魂が住みついてしまうのも自然な流れだと感じられ、非常に興味深かったですね。
お話の導入はやはり非常に面白いです(`・ω・´)



ヒロインは桂馬(*´・ω・`*)

神にーさまは問題児の自覚なし。それが今回、最悪のパターン突入を招いてしまいましたね。もし彼に自覚があるのであれば、たとえばエルシィだっていいですからまずは他の生徒とも普通に触れ合っているのだと見せれば良かったでしょう。そうすれば、彼が考えていた対等な立場を構築することもできたと思います。
しかしそうはいかず、逆に桂馬が攻略されるのではないかというほどのものでしたw 純に対して赤面する桂馬がとても可愛く、また純視点が多かったことも含めてまるで桂馬がヒロインかのようでした。これもこれで新鮮な気持ちで見ることができた今回は、とっても面白かったです。次回も期待です!



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"神のみぞ知るセカイII FLAG 9.0『2年B組長瀬先生』 感想" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント