Aチャンネル Channel 10『炭酸』 感想

出会いは神の御業。

トオルが猫を拾ってきたという今回のエピソードでしたが、あまり猫が可愛らしく感じられなかったのが残念なところです^^;
それは先日リアル猫と遭遇したことが原因であるのかもしれません。家の門の前でどっしりと構えていて、その背後に近付いてもなかなかこちらに気付かない鈍感な猫でした。1メートルほどの距離で音を出すことでようやく気付いたのですが、逃げる速度も微妙でとてもふてぶてしく感じたものです。また、ちょっとやそっとでは家の敷地からは出ていかず、まったくもって厄介でしたよ。
でも今回のトオルたちのように、飼い始めれば愛着がわくんでしょうね。神の御業である出会いは大切にすべきではあるので、それに忠実なトオルは素敵だと思いました。見習わねば(`・ω・´)



雪とのお戯れ^^

子供の頃は雪が降るとはしゃぎましたね。特に降らない地域に住んでいたので^^
この世界のようには積もりませんが、だからこそ雪が降る稀少さに喜んだものです。しかしながら、この世界は雪が積もっていたことを考えるに、普段からそこまで降らないというわけではないのでしょう。それでも彼女たちが楽しんでいたこと、それも高校生にもなって遊んでいたことから、この世界のほのぼの楽しげな雰囲気が伝わってきましたね。実に良いものですね^^



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"Aチャンネル Channel 10『炭酸』 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント