アスタロッテのおもちゃ! 10話『隣同士のフィスト』 感想

あのの日の思い出。

シグルドという存在が加わってから、彼がいいスパイスになってとても楽しげな雰囲気が伝わってきます。それとはまた別に、ロッテは直哉への信頼も深め、明日葉とも親友と呼べるくらいに仲良くなって非常に素敵だと思います。
今回も歌い踊り終えた後のロッテは非常にいい表情をしていました。最初の頃にはあまり想像のできなかった表情で、今回のそれが物凄く印象に残っています。だからこそ、この時間に終わりが来るのではないかと感じられるラストが物悲しかったです。
夏休みが終わりに近づいている……季節的にも哀愁への加速を感じられ、とても切ない気分なのです……(´・ω・`)



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"アスタロッテのおもちゃ! 10話『隣同士のフィスト』 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント