俺たちに翼はない 12話『俺たちに翼は……』 感想

俺たちに統合する意思はない(´・ω・`)

彼らはこんなにも様々な人と関わりを持っていたのかと実感する最終回でした。いろいろと駆け足気味に過去の自分と向き合って解決していった鷹志でしたが、その分皆と変わらぬ関係を築けているのだということが示されてとっても良かったです^^
彼らのように救われる日がくるというのは、個人的に非常に気になるところです。統合された際の人格形成…つまり今の自分はどうなってしまうのかということに若干の不安は感じますが、統合された後の自分というのはどんな感じなのだろうかと思うと楽しみではあります。鷹志のように、異なる人格がフラグを乱立してくれればいいのですが……そんなことありえないッス(´・ω・`)
まあ翼はないなりにも頑張って生きていこうと思えましたね。ありがとうです(*^ω^*)



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"俺たちに翼はない 12話『俺たちに翼は……』 感想" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント