緋弾のアリア 12弾『ブラド』 感想

お顔は大切(`・ω・´)

理子やジャンヌのように、これまでの敵は司法取引をするのが一つのパターンとなっていましたが、今回はそうなりませんでしたね。それも当然のことだと思えるように、ブラドの姿はジャンヌの描いたものとは大きく違って禍々しく、そして非道でした。
ジャンヌの絵は実はうまくて似ていたのだというオチもあるのかと仄かに期待していたのですが、まったくそんなことはなかったじぇ(´・ω・`) まああれで似るとなったら、どう考えても三次元生命体になりえないんですけどね。
ブラドが非道だと感じたのは、小夜鳴の姿で理子に対して行ったことによります。女の子の顔を踏みつけるだなんてありえませんよね。さすがにあの行為には救いようがないと感じました。そういった点からも、彼はやられるべくしてやられた相手だと感じましたね。ですからあの結末は呆気なくともスッキリしましたよ。
ただし、カナって誰やねんという前回浮上した唐突な疑問は解消されず、ちょっぴりもやっと。でも可愛いからいっか(*´ω`*)



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"緋弾のアリア 12弾『ブラド』 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント