花咲くいろは 15話『マメ、のち、晴れ』 感想

信頼あってこその仕事仲間(´・ω・`)

信頼って大切なんだなーと感じられた今回でした。
喜翆荘では女将ビンタの指導を受けた緒花。それは考えてみれば洋輔の働く旅館よりも厳しいものです。しかし、私はそれを言われて初めてそうだなーと気付きました。それは、ここでの洋輔の指導が理不尽であると感じられたからだと思います。要は洋輔の叱りには納得できない部分があったんですよね。自分は結名ちゃんと話してるのにバイトには働かせる、そんな信頼も何もない姿を見ればやはり首を傾げたくなるものです。そこに信頼関係の大切さを感じましたね。
緒花と菜子ちがやっていた配膳を他の生徒たちが手伝ってくれたことも、その信頼の力によるものだと思います。“信頼”というのが必ずしも正確な表現ではありませんが、心から手伝いたいと思うかどうかといったことですね。仕事に真っ直ぐな緒花に対してはそういう思いを持ちたいと思いますが、前回のような洋輔ではその逆になります。それは個人の尺度によって変わってはきますが、洋輔が仕事仲間とそういった信頼関係を積極的に築こうとしていなかったのは事実だと思います。だから、そんな彼がまた勉強し直すと判断してくれた結末は実に良かったです。
今の福洋とは違い、従業員間に信頼関係のある旅館へと生まれ変わった福洋もまた見てみたいなーと思える今回なのでした(´・ω・`)



やりたいこと。

洋輔は既に旅館で働いています。それをどう解釈するかでまた考えは変わってくるものなのだなーと実感しました。
前回の段階では、彼がバイトの言うことに耐えきれなくてはダメなのだと考えていました。それは働く者…それも番頭としては当然とも言えることなのですから。でも彼はまだまだ若いので、今も成長段階にあるんですよね。今回の件もその一つにすぎなかったということです。
そこで考え直してみると納得できるのですが、彼は若いのに既に懸命になって働いているんですよね。当然働く苦労を知っています。それに加え、結名ちゃんとの昔の約束も果たされそうにないのだと知り……それでもなお働いている。彼は純粋に旅館の仕事をやりたいことだと判断している、それが彼の答えなのだと思い知り、とても素敵だと思いました。
そんな彼に感化されてか、結名ちゃんもいつもとは違う一面を見せていましたね。まさか下々の風呂を掃除してくれようとは……こりゃあもう家の風呂に入れないという男子達の気持ちも納得なところです。
今まで本当の考えが見えてこなかった結名ちゃん。あらゆることをはぐらかし、真実をひた隠しにしてきたように感じられた彼女でしたが、今回ようやく内に秘めた思いの一端が垣間見えたような気がしました。
“やりたいことをやろうとするとやりたくないこともやらなくちゃいけなくてやりたくないことをやらずにいるとやりたいことがやれなくなる”。彼女もそれを実感したのではないでしょうか。それを導いただけでも、洋輔は本当に素晴らしい働きをしたと思います。ニカ(*^ω^*)



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"花咲くいろは 15話『マメ、のち、晴れ』 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント