テーマ:とある魔術の禁書目録

とある魔術の禁書目録II #24『武装集団(スキルアウト)』 感想

駒場はいい人(´・ω・`) 駒場のことを知るとスキルアウトに対する認識が変わってしまいそうです。そう感じるくらい、彼は素敵人物だと思いました。 スキルアウトは何だかんだ言って、無法者の集団です。学園都市では弱者の存在になるのかもしれませんが、基本的にはモラルのない存在にすぎません。しかしながら、彼は無能力者としてできる正義をおこ…
トラックバック:65
コメント:0

続きを読むread more

とある魔術の禁書目録II #23『開戦前』 感想

OP直後にクライマックス(´・ω・`) アバンがなくOPに入ったなぁと思っていたら、その直後に挿入歌付きのクライマックス。唐突すぎてついていけませんでしたw もちろん素敵なシーンではありました。自分の存在を否定しようとする風斬に、上条さんが優しく諭す……そこに難しい理由などは存在せず、ただ『友達だから』という理由で。こんなにも素…
トラックバック:61
コメント:0

続きを読むread more

とある魔術の禁書目録II #22『天罰術式』 感想

人間じみた神の右席。 これまでヴェントが小物っぽく感じられましたが、今話ではそれが効果的に働いたように感じます。 彼女は神の右席でありながらも、科学を潰そうとするその動機は物凄く個人的なものでした。非常に人間じみていて好感を持てる部分もわずかながらあったと思います。今までの小物臭はそういった人間らしさのものであると考えるのならば…
トラックバック:60
コメント:0

続きを読むread more

とある魔術の禁書目録II #21『学習装置(テスタメント)』 感想

今週の一方通行。 互いに相手が誰かはわかっていないといえ、上条さんとの絡みが良かったですね。二人がそれぞれすべき道へと別れる際の会話なんかも、どちらからも主人公オーラが出ていて実に魅力的でした^^ そんな主人公的な面を見せた一方…… 「木ィィィ原くゥゥゥゥゥゥゥゥン!!」 という、一方通行の素敵な名言が発せられました。一方通…
トラックバック:68
コメント:0

続きを読むread more

とある魔術の禁書目録II #20『猟犬部隊(ハウンドドッグ)』 感想

インデックスさんマジマイペース(´-ω-`) 一方通行に車に乗せられたインデックス。一方通行が運転手を脅していたことといい、呑気に絵本の読んでいたことといい、本当にマイペースでしたねw いつもは自分だけ関わらせてくれないことに文句を言うような彼女ですが、今回はそのチャンスを自分で潰しているような形です。しかし、これが彼女らしさで…
トラックバック:71
コメント:0

続きを読むread more

とある魔術の禁書目録II #19『木原数多(けんきゅうしゃ)』 感想

ワシリーサ(´・ω・`) 登場しながらも、彼女自身の説明はあまりなかったワシリーサ。なんとなくそのフォローをば。 彼女はサーシャの上司にあたります。かなりの年増に見えますが、ああ見えて(ギリギリ)二十代なんですよね。本人曰くなので事実は定かでありませんが、ミステリアスなのは確かです。まあ要は誕生日に祝ってくれる人がいないだけなの…
トラックバック:80
コメント:0

続きを読むread more

とある魔術の禁書目録II #18『検体番号(シリアルナンバー)』 感想

クロスカップリング(´・ω・`) 主人公の傍らにはよくヒロインがいます。この世界においては、上条さんが主人公であればその傍らにはインデックス、一方通行が主人公であればその傍らには打ち止めというのがしっくりくる組み合わせでしょうね。 それが今回は逆の組み合わせとなり、上条さん&打ち止め、一方通行&インデックスという新鮮な組み合わせ…
トラックバック:81
コメント:0

続きを読むread more

とある魔術の禁書目録II #17『罰ゲーム』 感想

確か……初春飾利さん、だっけ? 短いながらも初春が登場。これは喜ばしいことでしたね。黒子に仕事を押し付けてk……そんな彼女のちょっぴり黒い一面も垣間見えて、実にいい場面でしたよ。 『とある科学の超電磁砲』を見ればわかりますが、学校が違えども美琴と初春はお友達。まさか、初春の名前を確認するようなことなど、ありえはしないのです。そん…
トラックバック:78
コメント:0

続きを読むread more

とある魔術の禁書目録II #16『刻限のロザリオ』 感想

インデックスが可愛いんじゃなイカ? ビアージオを倒して病院に運ばれる上条さん。その際、彼に付き添っていたインデックスが、いつにも増して(いつもと違い?)可愛らしかったですね。ご機嫌顔はもちろんのこと、その理由が置いてけぼりにならなかったことだと見抜かれた際に赤らめた表情は実に魅力的なものでした。 インデックス自身は満足しているよ…
トラックバック:80
コメント:0

続きを読むread more

とある魔術の禁書目録II #15『女王艦隊』 感想

オルソラ本領発揮。 天然でマイペースなシスター・オルソラ。彼女の天然さはその雰囲気だけではなく成熟したボディにも表れており、多くの者を魅了したことでしょう。しかし、それも前回までの話。今回は彼女の更なる魅力が披露されましたね。 それはルチアとアンジェレネを救出に向かった時のこと。彼女は咄嗟の機転を利かせて、ハッタリという狡猾な手…
トラックバック:86
コメント:0

続きを読むread more

とある魔術の禁書目録II #14『水の都』 感想

不幸な上条さん(´・ω・`) 不幸だ……。上条さんがよく言う言葉ですが、彼はラッキースケベなどの幸せな出来事にも多々直面してきていただけあって、そんな不幸でもないだろうとこれまで思っていました。しかし、考え方を変えてみると、そういった幸せなことに気付けないという意味では、彼は確かに不幸であるとことに思い至りました。『幸せはなるもの…
トラックバック:92
コメント:1

続きを読むread more

とある魔術の禁書目録II #13『使徒十字(クローチェディピエトロ)』 感想

ステイルは14歳だもの(´・ω・`) 「灰は灰に。塵は塵に。吸血殺しの紅十字!」 なんていってオリアナに突撃していったステイルですが、石ころで滑って転んでしまいましたね。思わず笑ってしまったところなのですが、これは仕方のないところでしょう。だってステイルはまだ14歳なのだから(´・ω・`) この場面の前にオリアナが言っていた通…
トラックバック:83
コメント:0

続きを読むread more

とある魔術の禁書目録II #12『天文台(ベルヴェデーレ)』 感想

携帯電話、大活躍。 学園都市という科学の結集地。そこで、まさに科学の進歩を感じさせられる存在“携帯電話”が大活躍を見せた素敵な回でしたね。 もちろん、携帯電話はリアルの方でもかなり普及し、今や欠かせぬ存在となっています。しかし、十数年前にはさほど一般的なものではなく、機能もかなり限られたものでした。そのことを考えると、本当にあっ…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

とある魔術の禁書目録II #11『刺突杭剣(スタブソード)』 感想

姫神活躍の代償…… 姫神秋沙。本気でどなたでしたっけと思う人がいるかもしれませんが、彼女も助けられる者としてメインになったことがある一人であります。それ以降は目立つことなく、影が薄い定位置を確保しつつあった彼女ですが、今回は珍しく出番が多めでしたね。やはりこういうものは嬉しいものですね。私は特別彼女が好きというわけではありませんが…
トラックバック:14
コメント:1

続きを読むread more

とある魔術の禁書目録II #10『速記原典(ショートハンド)』 感想

上条さんは優しくも厳しい。 上条さんの唯一ともいえる攻撃手段の右拳。それが今回も炸裂しました。 上条さんの行動原理の半分は優しさでできています。彼にとっては当たり前の善意で動いているわけですが、その優しさの半面、相手には割と厳しいです。それだけでなく、いつもはぐーたらしている感じなのにやる時はやるというそのメリハリがはっきりして…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

とある魔術の禁書目録II #09『追跡封じ(ルートディスターブ)』 感想

救いに繋がる厳しさ。 上条さんは、助けを求める人に非常に優しい素敵な人物です。その優しさが救いにつながることはこれまでにも幾度となくありました。しかし、そればかりではダメとことで、今回は土御門が救いに繋がる厳しさを見せましたね。 ステイルにしろ土御門にしろ、それなりの覚悟を持って戦場に出ていますから当たり前かもしれませんが、目の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とある魔術の禁書目録II #08『大覇星祭』 感想

吹寄が素晴らしい! 大覇星祭。学園都市の一大イベントが開催されました。 ここで魅力的なのは、なんて言っても吹寄制理ですね。今回で初登場の彼女ですが、存分に魅力を発していたと思います^^ そんな彼女の魅力の一つである豊満な胸なのですが、あれもムサシノ牛乳による恩恵であろう場面が見られましたね。この世界において、ムサシノ牛乳はホント…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

とある魔術の禁書目録II #07『座標移動(ムーブポイント)』 感想

結標のトラウマ。 黒子が言っていたように、結標は恐らく自分のテレポートを失敗してしまったがためにそれを繰り返すのを恐れているのでしょう。今回は一応失敗することなくそれをおこなっていましたが、吐き気をもよおしていたように非常に精神的に苦しいものだったのでしょうね。 空間移動能力者として考えてみると、その能力を使うのには複雑な計算能…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

とある魔術の禁書目録II #06『残骸(レムナント)』 感想

インデックス、通常モードに移行。 前回までは大活躍のインデックスでしたが、今回から無事通常モードに移行しました。むしろ大活躍の反動のせいか、それ以下のようにも思えるのが不安なところです。しかし、不安を感じるとともに不思議と安心感を抱きます。それがきっとインデックスの魅力の一つだと思います。これからはそんな通常モードのインデックスの…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

とある魔術の禁書目録II #05『蓮の杖(ロータスワンド)』 感想

誰でも読めるからこそ、解読できない法の書。 誰にでも読める法の書。それを解読したというオルソラでしたが…… 「基本はテムラー。つまり文字置換法なのでございますが、変則ルールとして、行数が深く関わってるのでございます」 「まずヘブライで使われる22文字を二列に配し、その上で行数に着目して……」 とりあえずこの解読法はまったくわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とある魔術の禁書目録II #04『魔滅の声(シェオールフィア)』 感想

十字架の持つ意味。 前回、上条さんがステイルから預かり、オルソラに渡したそれはイギリス清教の証しとなるべきものだったのですね。上条さんがこれを持つことで、ステイルとしても彼を守る口実ができたといったところでしょうか。もう、ツンデレなんだからぁ^^ (・_・)エッ..? オルソラの十字架に注目させるときのステイルのセリフ。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

とある魔術の禁書目録II #03『天草式』 感想

いきなり半端な話数からで申し訳ないのですが……^^; 今回もインデックスの活躍が見れて嬉しかったですね。 活躍の場があまり用意されていなくて、本来は目立たないヒロインのインデックス。EDでも美琴の後に登場という微妙な扱いの彼女が、とある魔術の禁書目録IIでは割と順調な滑り出しを見せているのではないのでしょうか。 #01…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more