テーマ:電波女と青春男

電波女と青春男 12章『秒速0.00000000198センチメートル』 感想

ちいさく振りかぶって。 野球は1失点でもしてしまえば、味方の援護がなければその投手に黒星がつきます。それは結果的に投手の責任のように見えてしまい、周りはそう思っていなくともやはりピッチャー本人は責任を感じてしまうものでしょう。でも、1点もとられることがなければ、負けることはない。そこに仄かな期待を抱いてしまうのです。 時に味方の…
トラックバック:47
コメント:0

続きを読むread more

電波女と青春男 11章『今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと』 感想

なんとかなるのではない。なんとかするのだ(`・ω・´) 私もサッカーに興味はありました。というか今でもサッカーを観るのは大好きで、明日も某試合を観戦に行く予定です。 しかし少年団等に入ることはありませんでした。それは、心のどこかで真が抱いていたような思いを持っていたからかもしれません。つまりは、試合にも出れないのに両親が観に来る…
トラックバック:39
コメント:0

続きを読むread more

電波女と青春男 10章『軒下少女』 感想

エリオの空、UFOの夏。 宇宙人と言えば夏。夏と言えば宇宙人。 そういったわけのわからぬイメージを持ってしまっているのですが、だからこそ宇宙服女の恒星的魅力が露わになった際の真の心の声には物凄く納得できましたね。これが夏の本格的な始まりだということを予感させる、素敵な第三種接近遭遇だったと思います。 さらにはプールイベントがあ…
トラックバック:51
コメント:0

続きを読むread more

電波女と青春男 09章『地域限定宇宙人事件』 感想

花沢さんは花澤さん。 花沢さんという人物が登場したならば、声は主に二通り浮かんでくることとなります。でもまさかそんなわけ……と思っていたらまさしくその一方の声で、花沢さんが花澤さんとなってしまったことに驚きでした。さすがは花沢さんです。 真の名字が磯野であったならば、もう一方の方である可能性も生じたわけですが、残念ながら中島しか…
トラックバック:48
コメント:0

続きを読むread more

電波女と青春男 08章『ツィオルコフスキーの祈り』 感想

電波女性と青春男性(´・ω・`) 電波女と青春男。それが本来示しているであろう人物の出番は少なかった今回ですが、とてもおもしろい回でした。 作品としてこれまでの伏線を回収する回であったのはもちろんのこと、女々さんとしては28年の思いを込めたのですから、その集大成としてとても魅力的な結末を迎えられたのではないかと思います。 山本…
トラックバック:40
コメント:0

続きを読むread more

電波女と青春男 07章『誰かさんの思い出になる日』 感想

ペットボトルロケット(´・ω・`) 原作を読んだばかりなのでそれと見比べてみますと、前回のお話と今回のお話とで若干入れ換わっている点が見られました。前川さんのペットボトルロケットに関わる部分を今回にまとめたのですが、それと前回の続きとを組み合わせてあったので若干わかりづらくはありましたね。廃校に行ったところまでが今までのこと。そし…
トラックバック:53
コメント:0

続きを読むread more

電波女と青春男 06章『リュウ『コ』さんの、なんちゅーか、もやーっと』 感想

リュウシさんの恋情。 今回もそれほどお話が進んだという印象はありませんでしたが、各人の考えがいろいろと見えてきて面白かったです。 リュウシさんに直接言われたこともあるでしょうが、真が孤立無援になることを気にしているのは意外に感じました。彼はそれよりもエリオが嫌われてることを気にするのかと思いましたから。そこに彼の普通さと言います…
トラックバック:49
コメント:0

続きを読むread more

電波女と青春男 05章『サンクスギビングの憂鬱』 感想

“動”の可愛さ(*^ω^*) リュウシさんの細かな仕草が可愛らしいですね。常にめまぐるしく動くことで彼女の個性がよく表れており、映像としての価値が実にある部分だと思います。これだけでもアニメは大いに価値ありだと感じられます^^ それに加え、最近ではエリオも可愛くなってきましたね。お話自体はあまり進んでいる印象がないのですが、それ…
トラックバック:54
コメント:4

続きを読むread more

電波女と青春男 04章『右腕骨折全治一箇月』 感想

ボクの青春ポイント-∞(´・ω・`) あまり進んだ気がしない今回は、これまでのお話のエピローグとでもいった感じでしたかね。青春ポイントについて細かい話をしていましたが、真本人ですらそのポイントが今いくつだったのか曖昧になる感じなのでそれほど重要じゃないことかと。 ともなれば、今回で重要だったのは素直に布団を脱ぐことになったエリオ…
トラックバック:51
コメント:3

続きを読むread more

電波女と青春男 03章『地を這う少女の不思議な刹那』 感想

キーアイテムは自転車。 宇宙を語るに自転車は欠かせない。というのは、ET(Erio Towa)からきている考えかと思います。しかしながら、それを抜きにしてもこの世界は非常に自転車が活躍していますね。 たとえばリュウシさんや前川さんと過ごす時間に自転車での下校タイムが使われたり、エリオとともに海へと向かう手段もこの自転車であるとい…
トラックバック:53
コメント:0

続きを読むread more

電波女と青春男 02章『失踪する思春期のレヴェリー』 感想

全然わけわかんないってばよ(´・ω・`) エリオが何を言ってるのか、あらゆる意味でわけわかんないです。 まずは冒頭の話。世界は立方体の箱の中にあるとかなんとかは本当に理解しようとしないと頭の中に入ってこないですね。真のように聞き流している様子で理解することは難しいのです(´;ω;`) また、布団に巻かれている時のエリオはそのま…
トラックバック:43
コメント:0

続きを読むread more

電波女と青春男 01章『宇宙人の都会』 感想

青春的な彼。 電波女がどう電波なのかがなんとなくわかる1話でした。しかし、それ以上のプラス要素があるかと言えばそこまでの印象はなかったというのが現状でしょうか。映像はすごく良かったですけど、現段階ではキャラクター性に深く惹かれることはなかったですね。まだ主人公にいい意味での特徴が確認されていないのがその原因となっています。電波女は…
トラックバック:64
コメント:0

続きを読むread more