テーマ:デッドマン・ワンダーランド

デッドマン・ワンダーランド #12『救済(グレイトフル・デッド)』 感想

人間だもの(´・ω・`) 強さと弱さって紙一重なんですよね。普段は強く見えていた凪も、本当はちょっとしたことで崩れてしまうような弱さを持っていましたし、丸太はこれまで子供なりの弱さを持っていながらも、ここぞという時での心の強さを感じました。 それが人間なのでしょう。そう思うと、やはり凪にしろ丸太にしろ誰もが人間であって、この世界…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

デッドマン・ワンダーランド #11『絶望のGIG』 感想

やっぱしズッパシ!(`・ω・´) 前回、実にカッコ悪いところを見せてしまった丸太。しかし今回はその汚名返上とばかりに変わろうとする姿が立派だと感じました。何度壁にぶち当たっても立ち上がる。諦めの悪いところが丸太の良さだと実感しますね。 またそれを理解している千地が素敵です。彼の教えを活かし、丸太にはズッパシといってもらいたいです…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

デッドマン・ワンダーランド #10『墓守(アンダーテイカー)』 感想

六路っく(´・ω・`) 丸太がデッドマンワンダーランドに来る決め手となった捏造証拠映像。それは六路が作ったものであることに絡めたというオリジナルは非常にうまいものだと思いました。 六路が裏切り者であると発覚する前には、彼が裏切り者であるのだろうという伏線になりましたし、丸太の絶望感を表していたとも思います。あの映像がアニメで出た…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

デッドマン・ワンダーランド #09『酸化促進剤(ワームイーター)』 感想

グロリ(´・ω・`) グロさ加減が増してきましたね。特に凌遅刑はヤバいです。原作だと胸の肉を削ぐ部分は一瞬のことでそこまではっきりと表れてはいなかったのですが、アニメではその描写がくっきりとされ、肉が削がれていることが確かにわかりました。また凪の左腕が斬された時のモザイクという表現が妙に生々しく、そのグロさを感じさせましたね。 …
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

デッドマン・ワンダーランド #08『自由の鎖(スカーチェイン)』 感想

機算内じゃね?(´・ω・`) 急襲破獄計画が始まりました。クライマックスに近付いてきているといった感じですね。 脱獄(正確に言えば違いますが)には当然リスクがあり、多少の犠牲も生じてしまいます。計画を開始して間もなくそれが表れてしまい、彼らにとってとても辛いことだったでしょう。しかしながら、それは機算内……という考えでなければこ…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

デッドマン・ワンダーランド #07『原罪(レチッドエッグ)』 感想

最後の安息(´・ω・`) 水名月ちゃんのために行動を起こそうとする羊や丸太が素敵でしたね。それで感情が揺らぎつつある水名月ちゃんもまた魅力的。本来の日常であるべき部分が現れていてそれが恋しく感じられるところでした。 超坊主も出てきて物語が佳境に動き始める予感がします。最後の安息の時といった感じでしょうか。だからこそ、今回の水名月…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

デッドマン・ワンダーランド #06『ハミングバード』 感想

水名月ちゃんは裏表のない素敵な人です(`・ω・´) 待ちに待った水名月ちゃんの出番。彼女の魅力が存分に出てて非常に満足な回でした(*^ω^*) まずは彼女の部屋。もとは非常に素っ気ない部屋で、それを飾るにもそれほどのものを用意できないような場所です。しかしながら、彼女はそこにたくさんの花を用意することで非常に綺麗かつ女の子らしく…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

デッドマン・ワンダーランド #05『死肉祭-カーニバル・コープス-』 感想

光と闇。 今回もまたグロかったですね。 特に千地の右目を摘出するシーンは生々しさもあり、見ていて辛かったです。いつもは邪魔してくれちゃってる光や闇が、今回ばかりはGJと言うべきところでしたね。 肉片が降り注ぐシーンもキッツイところで、羊の悪さはホント小物に映ってました。実際映像になると、彼の小物さは一層増したように感じられ、そ…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

デッドマン・ワンダーランド #04『クロウ・クロウ』 感想

ズッパシ(`・ω・´) ズッパシ出てきてこの世界の本核へと突入したところ。今回は千地のいいところがよく現れていたと思います。 とにかく、女性の刺激的な部分を苦手とする彼の可愛さが非常に魅力的でした。緊張感は欠けますが、彼が悪い人ではないというのがよく伝わったことと思います。 丸太は千地の笑い方で赤い男ではないと判断したわけです…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

デッドマン・ワンダーランド #03『G棟』 感想

Gカップでも知らぬG棟(´・ω・`) 恐ろしい場所であるデッドマンワンダーランド。表見ではテーマパークのような場所でありながらも、その裏では多くの血が流れているような過酷な刑務所ですが、それも表の一部でしかなかったのでしょう。それが今回で感じられたところですね。 玉木が“本当のデッドマンワンダーランド”と言う場所は、看守長のマキ…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more

デッドマン・ワンダーランド #02『解毒剤-キャンディ-』 感想

最悪な世界。 レースに出ている者は皆受刑者であり、ここに収監されるほどのことをした者たちです。しかし、そんな彼らが怖れるほどの理不尽さがレースでは待っていて、それは外目にはショウとなっている…。この世界(デッドマンワンダーランドの外も含めた世界)はどれだけ酷いものかがよくわかるレース回だったと思います。 客観的には、客と受刑者と…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

デッドマン・ワンダーランド #01『死刑囚』 感想

不条理な世界で生きる。 序盤から主人公の大切な友達が亡くなるというのがこの世界の始まりでしたね。それはただでさえ辛いことなのですが、その罪を主人公が着せられることになるというのは余計苦しいところ。デッドマン・ワンダーランドという刑務所も含め、この世界の不条理さを実感しました。 一気にこんなことになれば死にたいと感じるものなのかも…
トラックバック:27
コメント:0

続きを読むread more