ぬらりひょんの孫 #16『気高き魂、紅に燃ゆ』 感想

孤独な陰陽師はどこへ向かうか……

最近のゆらには若干の不安を覚えていました。仲間がいるリクオたちとは違い、彼女は一人で戦い、一人で友人を守ろうとする。その勇敢さと物悲しさのギャップに惹きこまれる部分もあったように感じましたが……
リクオに見当違いな忠告をしている今回のゆらを見て、別の意味での(ある種本当の意味での)不安を感じましたw
彼女は天然で活きていくべき者なのでしょうか……



袖モギ様はどこへ向かうか……

土地神を次々に殺していく袖モギ様。その存在には恐怖せざるをえませんが……
いくら奇抜な格好をしていたとは言え、清継を土地神と間違えるなんて、なんとお茶目な妖怪なんでしょう。敵として不安に感じましたw
彼は次回で敵らしさを見せつけるでしょうか。非情さを見せつけてくれることに期待したいと思います。



とことで、今回はこんなところで失礼します^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック