ヨスガノソラ 09話『ハルカナオモイ』 感想

「夏祭りまでには、穹に僕と奈緒ちゃんのことを言うよ」

悠のこの言葉は奈緒を想ってのもの。穹のことはあまり考えられていないんですよね。非常に難しいところかもしれませんが、二人の気持ちをバランスよく考え、じっくり時間をかけて問題を解決していくべきかと。今目の前にある幸せを当たり前だと思わず、それを大切にしつつさらなる幸せに近づいていけたら良いと思いました。



「一人になるのが怖かった」

悠のことが好きだからとられたくないという思いもあったにしろ、好きだからこそ悠に幸せになってほしいという思いも穹にはあったはずです。そんな中、穹が行動を起こす決め手となったのが孤独になることに怯える気持ちだったのでしょう。奈緒が自分の大切なぬいぐるみを救出してくれたことにより、彼女も身近で大切な存在に感じられたのかもしれません。それならば悠がどこか自分から遠い所に行くという認識は薄まりますから、穹は最終的に奈緒のことを許容できたのでしょうかね。まあ、ここまではすべて夢のようなもの、次回からが本番なんでどうでもいいところかもしれませんがw



とことで、今回はこんなところで失礼します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック