IS<インフィニット・ストラトス> 11話『ゲット・レディ』 感想

IS戦闘(´・ω・`)

この世界のタイトルにもなっているISでの戦闘回。本来ならば見せ場となるべきなのかもしれませんが、ヒロインたちの魅力を知ってしまうとやはり物足りなさを感じますね。それは、紅椿が実戦にてその力を見せつけるという展開にいかなかったのが一つの要因かもしれません。圧倒的な力を持っている様子の紅椿でしたが、それは戦闘描写からはなかなか感じ取ることができず、盛り上がりどころがなかったのが事実だと思います。紅椿のカッコよさがもう少し表れたならばもっと良くはなったのでしょう。そう考えるとならば、これは箒の責任ですねw



貴重な過去回想枠。

キャラクターの貴重な過去を見れるとことで、回想シーンは割と好きです。ということを考えてみますと、やはり幼馴染は大いに価値がある存在だと思います。いくらシャルが魅力的でも、一夏の子供時代を回想することはできないのですから。
ですから(鈴はともかくとして)箒にはヒロインを離脱してもらっては困るところですね。やはり彼女にはヒロインとして戦ってもらいたいところです。一夏を争う立場として。
彼女には沈んだ気持ちでいてほしくはないと思っていたのは他のヒロイン達も同じで、その関係性はとっても素敵なものだと思いました。彼女達には是非切磋琢磨して一つしかない座を争い続けてもらいたいものです。もちろん、ISではなくて一夏のことをですけど(`・ω・´)



とことで、今回はこんなところで失礼します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック