IS<インフィニット・ストラトス> 12話『君の名は(ユア・ネーム・イズ)』 感想

少女(´・ω・`)

一夏がデイドリーム(?)の中で話している少女が気になりました。ヒロインズは戦っていて本来の魅力を発していなかったからこそ、この少女に惹かれたのだと思います。女の子が戦って逞しさを見せるのも素敵かもしれませんが、やはり清楚な振る舞いを見せる方が魅力的ですもの。
それを実感させる存在であった彼女は、単一でも大いに魅力的だと思いますので是非とも素顔を見たかったところです。彼女が何者なのか、そういった細かいことは二の次で(´・ω・`)



1話冒頭へ(´・ω・`)

福音との戦闘もクライマックスへ。とことで、1話冒頭へと繋がりましたね。
既にあの場面は出ており尺的な問題からもわかりやすい結果に落ち着いたわけですが、戦闘はそんな感じで済んで良かったと思います。個人的な意見ですが、見せ場はやはり女の子。そのことを考えますと、一夏を殺そうとするラストのIS戦闘(一方的ですけど(´・ω・`))はアリかと思いました。やっぱりこの世界はこのどうしようもないやり取りが魅力ですね。そういった部分を主軸として、またこの世界が復活することを期待しています^^



とことで、今回はこんなところで失礼します。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック