あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 06話『わすれてわすれないで』 感想

幸せはなるものでなく気付くもの。

じんたんは平常心を自身に言い聞かせ、意を決して学校へと入って行きました。しかし、実際の皆の反応は無関心で、杞憂に終わりました。案外とそんなものなんですよね。
“「好き」の反対は「嫌い」ではない。「興味がない」である”といったもので、皆にとってはじんたんなどどうでもよかったんですね。
今回の場合、その皆の無関心というのがじんたんだけの問題であれば単なる拍子抜けで終わるところだったでしょう。しかし、あなるが絡むことでそんなことはなくなり、あなるのためであればと行動を起こすじんたんが素敵でした。今回の終盤で他人のことばかりを思うめんまに対して怒っていたのは、じんたん自身がそういうタイプの人間であるからこそ。他人を思うのは超平和バスターズのリーダーである自分が背負うべきものだとか、そういうことを思ったからかもしれませんね。
めんまもそうですが、仲間を気遣うようなその心は素敵なもので、今のじんたんにおけるそれはあなるの想いがあってこそのものなのかとも感じました。
“人に嫌われない人はいない”といったもので、興味を持たれないこともまた然り。とにかく誰からも好かれるなんてことはないものです。ですから、クラスの皆から興味を持たれずとも、たった一人でもあなるのように心配してくれる人がいるのであれば、それはとても幸せなことなんじゃないのかなって思います。
“幸せはなるものでなく気付くもの”なのですから、その目の前の些細な幸せに気付くことができたら、それはとっても素敵だなって^^



出会いは神の御業。

わすれてほしい思いとわすれないでほしい思い。それが同居するめんまの複雑な思いはよくわかりましたね。
自分だけのことを考えるならば、忘れないでいてほしい。
でも、それでイレーヌさんが心を痛めるのであれば、いっそ忘れてほしい。
後者は大切な人を思いやるからこその思いでじんたんはそれに憤りを露わにしました。とは言え、相手の苦しむ姿を見ると自分の心も辛くなることを考えれば、どちらもめんま自身の正直な思いだと言えるかもしれません。ですから“わすれてわすれないで”という言葉が、彼女の正直な思いを表現しているのかなぁなんて思いました。
でも、やっぱり“わすれて”は悲しいです。自身の気持ちはもちろんのこと、イレーヌさんの気持ちを思えばこそ“わすれないで”の想いを強く持ってほしいと思います。
神の御業による二人の出会いを、大切な思い出として残してほしいですから……



とことで、今回はこんなところで失礼します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

りうたん
2011年05月20日 23:19
こんばんは~

まず、音楽用のアカウントについてですが、
すみません、何となく本隆侍さんということでフォローしてしまいました。
そもそも音楽用のためにお作りになられたアカウントですもんね、空気読めなくてすみませんorz
僕自身そんなにツイッターやる方じゃないですけどTLに1つだけ異色のツイートがあるのも変でしょうし外していただいて全く構いませんので。僕も音楽用は外させていただきますね。
完璧に僕が暴走しすぎた結果ですのでお気になさらないで下さいませ。アニメ用のアカウントではフォローもしていただいてますし^^

それと、何故バレたかですが、僕は訪問者リストからですね。音楽ブログでログインされてるときでしょうか?

経緯としてはそんなところになります。

それでは本編についてです。
そういえば僕も昔、何かの作品で、人が一番恐れるのは“無関心”というのを見たような気がします。
人は独りでは生きていけないですもんね。
孤独というのは本当に辛いことですから あなる がいてくれてよかったと。。。

気遣いや思いやりの気持ちが目立つ話でしたね。
超平和バスターズなんて名前もそうですけど、仲間への気遣いから、やっぱりリトルバスターズを思い出してしまいますw

色々と長くなってしまいましたが、本日はこれで失礼します~(*´∀`*)ノ
2011年05月21日 07:54
>りうたんさん

こんにちは~(*^ω^*)ノ
なるほど、事情把握しました。別にフォローしてもらうことは全然構わなかったのですが、どうやって知ったのか気になっただけなので問題ないですよ^^
そういえばFC2ではリスト機能ありましたね。まったく利用してない&ウェブリ慣れしているので完全に失念していました。繰り返しになりますが、ただ単にどこから辿られたのか気になっただけですのでお気になさらないでくださいね~(*´ω`*)


本編。
私は好きなものはホントに好きですけど、そうでないものにはとことん無関心なので、それが相反する言葉であることを強く実感しています。
実際は嫌われることの方がキツイことが多いかもしれないですけど、無関心の孤独は気持ちの捌け口がない分、本当に辛いものになるんですよね。その点、じんたんにもあなるにも助けあえる仲間がいるのだと実感でき非常に素敵でしたね。
各人仲間を思い思われ……そんな超平和バスターズは、いろんな意味でリトルバスターズに似ていると私も思いました。
彼らのように、どんな困難でも乗り越えられるような存在になってもらいたいと同時に、イレーヌさんみたいな超平和バスターズ周りの人々にも救いを見出してもらいたいなぁと思います。
でわでわ~(*´Д`)ノ~
通りすがり
2011年05月21日 18:31
>今回の終盤で他人のことばかりを思うめんまに対して怒っていたのは、じんたん自身がそういうタイプの人間であるからこそ。

私も最初はそう思ったんですが、一番の理由はじんたんの母親もそういう人間だったからではないでしょうか?
二人ともそうやって死んでしまった。
二人の死がじんたんが引きこもってしまった原因だと思われるので、この3人の関係性は重要だと思ってます。
めんまも仏壇に話しかけたりしてますしね。
2011年05月21日 19:33
>通りすがりさん

コメントありがとうございます^^
なるほど、確かに母親がそういう人間だというのは考えられますね。とっても優しいママさんで、入院した彼女の手をじんたんが払いのけるシーンもありましたから、その時の心情はこのめんまに対する怒りと近いのかもしれませんね。
やはり、超平和バスターズだけでなく、じんたんやめんまの母親も含めた関係も鍵になってくるでしょうか。そういった点がまた深く楽しめる部分に感じられますね。
ともかく、今後も楽しみなところです^^

この記事へのトラックバック