STAR DRIVER 輝きのタクト 15話『封印の巫女』 感想

雰囲気良くともそこは男子トイレ(´・ω・`)

タクトとミズノが出逢った思い出の場所。カースケのヒナが巣立ったとことでその思い出も懐かしく感じるところですが、その思い出は色あせず頭の中に残っているはずです。だからこそ、そこでいい雰囲気になる二人の姿は実に素敵なものでしたね。ですが冷静に考えてみるとそこは男子トイレなんですけどね(´・ω・`)



フジノはダメな親。

タクトはワコのことが好き。タクトが好きすぎて見えていなかった部分がついに見えてしまいましたね。これまでタクト直通のバスは順調に走っていただけに、そのショックは大きかったでしょう。
それだけでなく、最悪のタイミングで母親フジノが帰ってきてしまいました。このフジノのクズっぷりは、まるで自分の姉を見ているようでしたのでかなりイライラさせられました。ミズノが本当にフジノのことを嫌っていたのがせめてもの救いというところです。
ただ、そんなクズでもミズノにとってはかけがえのない母親という存在。その関係に決着をつけなければならぬところだったでしょう。それをマリノは諭したわけですが、今のミズノではそれを受け入れることができなかった。だからマリノに酷い言葉をぶつけてしまったんですね。一時の過ちはすぐに修復できることもあれば、そうでないこともある。前者であればいいのですが……



エンドレスの恐怖。

島からは出られない。その仕組みがどうなっているのか気になるところでしたが、それはエンドレスとなって表れ、実に不気味なところでしたね。エンドレスはやはり怖いです。今回のパターンにおいては、同じことを続けているというのをミズノが認識しているからこそ、某エンドレスエイトよりもはるかに恐怖を感じましたね。本当に記憶がリセットされなければ精神は崩壊してしまいそうですね。
巫女の定めの辛さをわかってやれるのは、同じ巫女。ワコはタクトをめぐるライバルでありながらも、ミズノにとって大きな救いの存在となったでしょうね。これを機に二人の関係はどう動くでしょうか……



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"STAR DRIVER 輝きのタクト 15話『封印の巫女』 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント