神のみぞ知るセカイII FLAG 2.0『一拳落着』 感想

共存エンド(*^ω^*)

もともとは軟弱な楠を叩き伏せるという方針で話を進めてきたわけですが、それでいいのかと疑問に感じたのが前回のこと。ですから、最終的に武道家としての楠と可愛いもの好きの楠とで共存することになった結末には満足でした。
やりたいこととやるべきことが一致したというわけではありませんが、それをどっちもやってしまおうという結論に至ったわけですね。デートの様子から楠はとことん負けず嫌いであることもわかりましたし、彼女ならそれがきっとできるはず。そう判断できるようになっただけでも、デートには大いに価値があったことでしょうね。
彼女が可愛い武道家を真に極める時がくるのが楽しみですね(*^ω^*)



ハクア登場。

今回のラストには次回への導入も少々。とことで、ハクアという女の子が登場しましたね。まだ全てを明らかにしないという割と地味な登場の仕方でしたがw
こちらの世界においては、エルシィを知る唯一の人物とことで貴重な存在になりそうです。彼女の登場によってこれまで単調だった女の子攻略劇にどのような変化がもたらされるのか楽しみなところですね。また、彼女自身の魅力にも期待したいところです(*^ω^*)



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"神のみぞ知るセカイII FLAG 2.0『一拳落着』 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント