聖痕のクェイサーII #07『マダム・リリィのおっぱい占い』 感想

偉大なおっぱい力(´・ω・`)

シリアス部が終わっての小休止。いろいろと酷いことになるだろうなぁという覚悟は持ってはいましたが、それ以上に酷くも感じる今話でしたw
燈の乳から凄まじいパワーが発せられるアレはもう何がなんだかw しかしながら、そんな意味不明な感じが、舞台は聖ミハイロフ学園に戻ってきたんだなぁと感じさせてくれて良かったと思います。美由梨のテンションが戻ったことに対し、史伽が安心して涙を浮かべていましたが、まさにそんな感じの気分です。ごめんなさい、嘘です(´・ω・`)
ともかく、面白かったです^^



ジータの行く末(´・ω・`)

今回はジータがある意味で主人公的立場だったのがまたおもしろかったと思います。今まで敵として君臨してきた彼女ですが、その性質上充分に味方側の存在としても機能するなと感じさせられました。
最後にサーシャが戻ってきて、高らかに復学宣言をしました。それはそれでいいことなのですが、これによりジータはどのような立場になるのか気になるところ。次回以降も目が離せません(´・ω・`)



とことで、今回はこんなところで失礼します。

"聖痕のクェイサーII #07『マダム・リリィのおっぱい占い』 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント